省エネ義務化

2020年「省エネ義務化」

聞いたことありますか?

 

地球温暖化対策としてCO2排出量削減

東日本大震災以降の

電力使用量低減ニーズ、

省エネ住宅=健康住宅

住環境の向上で

ヒートショックによる死亡率の減

等々・・・

を理由に

CO2排出量削減目標を

パリ協定で掲げ、

それに向けて建築業界では

講習会に行ったり

勉強したりソフト導入したり

仕様を変更したり

様々な形で努力してました。

マル川建設も勿論今ではそれが標準レベルです。

計算もできます。

しかし

はしごを外される形で

昨年末に義務化見送り。

白紙ですね💦💦

 

見送りの理由の一部をザックリ・・・

①そのレベルの住宅、

建築物が建てられない工務店がいるから。

②審査機関の体制不足

③デザイン制限に影響する

なんとも恥ずかしい限りの理由です😰

そもそも何のための、誰のための住宅なのかわかりません。。。

 

世間でも話題に上がり

義務化見送りに対する反対派の共同声明も発表されています。

反対派と賛成派の記事

https://www.reform-online.jp/news/administration/15343.php

 

 

燃費のいい車は少し割高・・・

でも長い目で見ればお得。

だからハイブリッド車が売れています。

住宅も同じ事。

しかも車より滞在時間は長い。

日々の生活空間で

家族みんなの暮らしです。

快適に健康に住み続けたい。

そのためにはやはりコストも伴ってきます。

デザインや広さも大事ですが

安全で、安心。健康で快適。

目には見えない物の大切さも考えてみて欲しいです。

 

 

少しまじめな話😎

今村でした。

 

 

社員募集のお知らせ。
マル川建設では、建築技術者、同補助、経理業務、一般職、の募集をしています。
本ホームページ内の求人情報メールフォームでご応募ください。または、ハローワーク加世田にお問い合わせください。