決算

マル川建設株式会社は5月が決算月です。

決算になると普段の月と違う作業が出てきます。

経験したことがある方もいらっしゃると思いますが、

非常に大変な棚卸という作業があります。

この作業は、会社にある在庫をすべて数えなければなりません。

 

満冨社員の指示のもと、

今年は社長と弥栄社員にお手伝い頂きました。

ありがとうございました。

 

ですから、普通は決算が近くなると

なるべく在庫を減らすよう仕入を控えめにします。

しかしながら、普段よく使う商品が品薄状態だったり、

値段が高騰しそうだったりすると話は別です。

 

在庫として自社で持っていないと、

いざという時に仕事が上手く回らなくなってしまう場合があります。

在庫を持ちすぎてもいけないし、

少なすぎてもいけない。

その時の状況判断が大事ですね。

なんだかんだ言っても決算ですから

会社の1年間の収益結果が出るとてもナーバスになる時期です。

今年はどうだったかな?

事務処理を頑張らなくては!

 

以上   良久でした。

ブログ担当者

川原 良久