間もなく・・・

I様邸の現場です🎙️

先週末に見学をさせて頂き、

本日完了検査を受け、近くお引渡し予定となっています。

 

最終仕上げの外構工事では、コンクリートを打ったり

芝や採石を敷いたり

植栽やフェンス取り付けなどを行いました。

コンクリート打ちは

マル川の左官、深野木社員が

最初、粗でコテ押さえをした後、

乾いてから最後にまた

コテで綺麗に仕上げていきます。

そして固まるまで養生期間をおきます。

夏はコンクリートの乾きが早く

固まる前に!

と、時間との勝負ですが、

冬はその逆!

中々乾かないので

乾き待ちでの時間との勝負です😅

朝イチにコンクリートを打設しても

この時期は、天気次第で夜遅くまで乾かず、

夜間作業になることもあります。

左官仕事は職人仕事なので

誰でもできる仕事ではありません。

↑玄関玉砂利施工途中↑

家作りは、職人達の集まりでできていきます。

大工は勿論の事、

屋根や外壁、クロスや電気、

水道、建具、

塗装に防水など、関係者すべてが職人さん。

そしてそれを統括するのが

私達マル川建設の仕事になります。

職人さんの一つ一つの技術や想いを

お客様にも伝え、

自信を持って最後のお引き渡しが出来るようにしています。

お引渡しは工事の最終日ですが

お客様とのお付き合いは

そこからがスタートです。

時間と共に家族の暮らしや

家の表情も変わっていきます。

私たち建設会社の楽しみのひとつです