瓦屋根→ガルバリウム!2

お疲れ様です!弥栄です

 

先週に引き続き

屋根リフォームの現場からです

 

前回は既存の瓦を剥ぎ、

傷んでいた屋根の下地を部分的に取替えて、、

その上にコンパネを載せた後

防水シートを敷き込みました

 

この上に屋根材となる

ガルバリウム鋼板を被せていきますが

今回は瓦の解体工事に引き続き

下舞工業さんに施工してもらいました

 

下舞工業さんはこれまで

瓦工事を主に取り扱っていましたが、、、

時代のニーズに合わせて

ガルバリウム鋼板を用いた工事もできるように

職人さんに板金工事の修行をしてもらったそうです

 

屋根材となるガルバリウム鋼板を被せる前に

軒先とケラバ(屋根の上り方向の端側)には

『唐草』と呼ばれる水切り用の板金を取り付けます

 

 

今回は『縦ハゼ葺き』と呼ばれる

板金同士を折り曲げて接続していく工法になります

板金自体もあらかじめ工場で

屋根の形にあわせて加工してあるので

施工時間も早いのが特徴です

 

 

あっという間に葺き替えが完了です

ガルバの特徴の一つとして

色が豊富というのがありますが

今回は『紺色』を採用!

 

落ち着いた色なので

隣り合う瓦の屋根とも

違和感のない仕上がりになりました

ブログ担当者

弥栄 義文
弥栄 義文

前の記事

御礼

次の記事

リフレッシュ