掘出し物と十干十二支

先日地鎮祭を行いまして、その時に鎮物をお預かりしました。

この鎮め物は基礎着工前に埋めます。

さて、今日のブログのメインは、この「鎮物」ではなくこっちの木箱です。

事務所内から発掘されたこの木箱。

片付けをしていた田代社員が見つけました。

最初見たとき「あれ?鎮物?」てなりましたけど、木箱にはちゃんと「高級方位磁石」と書かれてました。

中を開けてみると、、、

黄金に輝く方位磁石が!

確かにこれは高級っぽい

表示板には十二支や十干等が記されてました。

十二支は、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の12個。

十二支はお馴染みですね。

ちなみに、艮(ごん)・巽(そん)・坤(こん)・乾(けん)は、

艮(うしとら)・巽(たつみ)・坤(ひつじさる)・乾(いぬい)と読めるそうで、

それぞれ丑寅・辰巳・未申・戌亥の中間を意味しているだとか。

十干は、甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の10個の記号で、暦カレンダーで見かけますね。

もしかしたら「鬼滅の刃」で知った人もいるかも?

 

今年も、もう2ヶ月切りました。

来年の干支は丑(うし)年です

そろそろ年賀状の購入を検討中。。。満冨でした