床材

昨日、1/25日は「中華まんの日」だそうです。

今日は中華まんの日ではないけれど、コンビニで中華まん買って帰ろうかな。

 

今日は床についてのちょっとした豆知識を。

「床が硬いと疲れる」て聞いたことないですか?

聞いたことないかな?

話を進めますね

 

「床が硬いと疲れる」てどういう事だろう?

例えば寝るとき、

布団が硬すぎるとよく眠れない。

靴も下敷きが薄かったり、クッションがないペタンコ靴だと歩いていて疲れます。

理屈はこれと同じです。

歩くときは当たり前ですが床を踏みます。

その際、踏んだ力が床に、踏まれた力が足にかかります。

床が硬いと踏んだ力はそのまま返ってきます。

逆に柔らかいと、踏んだ力がいくらか吸収されて返ってきます。

柔らかすぎると歩きにくくなるので、ある程度の硬さは必要ですけどね。

柔らかすぎると歩きにくい!の例えを上げると、、、

砂浜を歩くとか。

あと、田んぼの中を歩くとか。。。これは極論ですかね

 

お店などでも床材をフローリングにするところがあります。

デザイン的な意味合いもありますが、

土間仕上げよりも立ち仕事等で疲れにくいから、という理由もあります。

木材は床材の中では柔らかい方ですし。

あと、触覚的にも視覚的にも木材は温もりを感じやすいですね。

デメリットを言うと、

柔らかいから傷がつきやすい、水に弱い、と言ったところでしょうか。

なのでフローリングではなくクッションフロアを採用するところもあります。

 

逆に土間などは硬く冷たいですが、

傷や汚れ、水に強いので掃除がしやすいという利点があります。

(コチラの写真は玉砂利洗い出し床仕上げの玄関です。)

 

どんな仕上げにしていくか。

お客様の希望、その部屋の使用目的等を加味してご提案させて頂いてます。

 

先週のブログで無垢材の床貼りをご紹介したので、今日は床の話を書いてみました。

肉まん、豚まん、中華まん。

呼び名は違うけれど全部同じものだと思っている、満冨でした。