塗り壁!

お疲れ様です!弥栄です

 

前回、内部工事(フローリング貼り)

の様子をご紹介したK様邸ですが、、、

外部の方では『塗り壁』の工程に入りました

 

一般的な住宅では

工場で生産されたサイディング材やガルバリウムと呼ばれる

外壁材が使用されることが多いです。

サイディングは色々なデザインがあるのが特徴ですが

決まった大きさの板(パネル)を貼り並べていくため

必ず継ぎ目が出てきます。

ガルバリウムはシャープで重厚感のある雰囲気に仕上がりますが

ビス打ちなので、ビス頭が見えます。

 

一方、塗り壁は左官職人が現場で

パネルの継ぎ目やビス跡を下地処理した後に

左官ゴテで仕上げていくので

シンプルですが独特の味わいに仕上がります

 

今回もマル川ではおなじみ、

西タイルさんに施工していただきました!

 

まずは下地作りから。

全てのパネルのジョイント部分に

メッシュシートを貼っていきます。

このときサッシ回りや軒天などの

取り合い部分にはしっかり養生をします

 

こちらは仕上げ材を塗る前の

下塗りが完了した様子です!

この時点でほとんど継ぎ目は

分からなくなりました

 

下地処理が終わり養生期間を取った後

ようやく仕上げ材を塗り上げていきます

熟練の左官職人の2人ですので

あっという間に仕上がっていきます

 

今回の現場の最大の難所です!(笑)

人一人がやっと入るスペースで

無理な態勢になりながらも丁寧に仕上げていきます

 

こうして左官塗りの外壁ができあがりました!

このあと、雨樋を取り付けて

いよいよ足場の解体です!

工事もいよいよ終盤に入ってきますので

引き続き頑張ります