基礎は基礎でも

夏の甲子園の決勝戦は史上初の智弁対決!!

和歌山県代表智弁学園和歌山高校が優勝し今年の甲子園も幕を閉じました。

今年の甲子園はなんといっても、雨での順延。

球児の皆さんも、調整等が大変だったことと思います。

 

我々、現場の人間の日程調整に苦労しております。

今回は基礎工事のご紹介。

今までにも、基礎工事の話は何度もブログでも紹介してきましたが、

今回は、こんな場所に基礎を作ります。

広い工場内。現在はフローリングを貼られているこの床部分を

解体して、基礎を作っていきます。

フローリング部分をフォークリフトが通るため、細かく根太が入っています。

茅野社員はバールで、

柚木社員は足を使って解体工事を進めております。

来週には完成する予定ですので、どんなものの基礎工事をしているのか。

ぜひお楽しみに。

 

山下でした。

前の記事

リサイクル

次の記事

思い出のアルバム