吉村障子

I様邸は南側に開聞岳を望む

絶好のロケーションの立地になります。

施主様のご要望もあり

それを見るための木製サッシ

「プロファイルウィンドゥ」のヘーベシーベの2枚引き込み窓を採用しました。

全部引き込むと・・・

3メートルの大開口になります

そしてその窓を引き立てる、

そして邪魔にならず

リビングにも違和感のない

「吉村障子」デザインを取り入れてみました

「吉村障子」とは

建築家の吉村順三氏が、框と組子の見付寸法を統一した障子デザイン。

全ての枠の寸法が同じになっていることが特徴で

吉村障子は外枠も中桟も同じ寸法です。

これにより、閉めた時、

一枚の障子に見えるようにデザインされています。

ただ、この建具製作には通常より細い材料を使用するため

かなりの技術が要求されます

そこはこの道60年!?

芝原建具の芝原さんに、

思った通りの建具に仕上げていただきました

 

「障子」と聞くと和風のイメージが強いと思いますが

このデザインなら如何ですか?

 

 

下山大工、芝原さんに感謝!!

私は図面を書くだけ・・・

今村でした

ブログ担当者

今村 祐子

前の記事

工事開始!

次の記事

晴れ