モラル。

マル川建設への道のりは、

山間で、民家もなく外灯もありません。

そのせいなのか、昨日帰る時にはなかったモノが

朝の通勤時間になるとあったりします。

ひとつは、動物の死骸・・・

そしてもうひとつは

「ごみ」

どちらもカラスがたかっています。

死骸の方は道路の維持班かカラスにお任せしますが

「ごみ」に関してはどうしようもありません・・・

 

カラスは食べ物以外は持って行ってくれないのです。

この「ごみ」は明らかに

ポイ捨て

カップラーメンの容器や、マクドナルドの容器、カップ。

総菜のトレーや空の缶詰、タバコの空箱など、

中身が毎回同じ事も多いので、

犯人は犯行を繰り返しています。

けれど、一人ではありません。

複数犯です

分別以前の問題です!

 

マル川建設の車には

火ばさみとゴミ袋がいつも乗っているので、

その犯人の捨てたゴミを犯行後に拾っています

何で自分達が!!

と、思いますが、

会社の近くにゴミが散らばってるのはとても不愉快

 

ゴミ袋もその為に乗せている。

と言っても過言ではありません。

その犯人は、

「ゴミを捨ててもいつの間にか綺麗になってるからまた捨てよう」

と、思っているのでしょうか。

普通に考えてありえない事です。

正直、ゴミの一つ一つを公開して

意地でも犯人を突き止めたくなります

どうしたら捨てなくなるのか考えたりもしますが

ポイ捨てを何とも思っていないわけですから

またきっと別の場所で捨てるに違いありません。

ゴミはゴミ箱に捨てる。

保育園児でもわかるあたりまえの事です

 

皆さんの周りでも、見かけたら遠慮せず

キチンと注意しましょう

 

昨日から

暖炉の火を絶やさない🔥

絶やしたくない🔥

離れたくない🔥

今村でした🔥

ブログ担当者

今村 祐子

前の記事

ゴミの分別

次の記事

エールミネーション