ボランティア

お疲れ様です。

ここ数日、大雨で川が氾濫する所や、警戒水域を超える所、土砂崩れの心配な所など

身の危険を感じる様な日々が続いていますが、早目の避難を

心掛けたいと思います。

話は変わりますが、お盆前に川辺道の日ボランティア活動がありました。

この活動は、毎年今の時期に行われている行事の1つです。

川辺町内の建設業全社から1,2名の参加が必要です。

今回は私と柚木社員が参加させていただきました。

慣れない2人なので、これはまず、出欠確認が大事と思い本部に

「マル川建設2人参加です。」と言うと

「後で出欠を取ります。」と、

早とちりしてしまいました。ガックシ

活動内容は道路、道路沿いに落ちているゴミを拾う作業です。

川辺保健センターを中心に

鹿児島市、加世田市、知覧町に続く道沿いが活動範囲です。

私たちは、知覧町に続く道路を任されました。

車を建設会社G組の駐車場に移動させて、

徒歩で道路を往復します。

この日は、朝からとても暑く、水分補給をしながらの作業になりました。

実際に歩いてみると、

タバコの吸殻、空き缶、ペットボトルなど色んなゴミがありました。

しっかりとマナーを守って欲しいものです。

 

以上    良久でした。

ブログ担当者

川原 良久

前の記事

ハザードマップ!

次の記事

平屋or二階建て