こそくり(外部編)

リフォームと言うと大げさ・・・

けれども1日で終わるような作業でもない。

そんな修繕工事を「こそくり」とよく言います。

大工さんや左官さんが1週間ほどかけて

壊れた部分や経年劣化した部分を直します。

マル川建設でも年間50~100件ほど「こそくり」の

依頼をいただきます。

 

今回は外回りの修理依頼。

雨戸や戸袋、外壁の板が経年劣化で割れたり、めくれたりしていて、

9月の台風の際にすごく心配になったそう。

築50年以上の建物ということで、使われた板材も

長い時間よく頑張ってくれました。

 

こんな時にはこそくり名人の松久保大工の登場。

今月から新築工事が控えているので

それまでに完了できるよう抜けなく準備。

小規模で短期間の工事は忘れ物やちょっとしたミスが

おおきな痛手になるので余念がありません。

体は大きいですが、フットワークは軽い!

1週間で5現場を回ったこともある松久保大工。

建築工事は場所や内容の違いで持っていくものも

大きく違ってくるため、うまくいくかどうかは

事前のシミュレーション次第。

 

施主の方も

「こんなに綺麗にしてもらえるなら、もっと早くに

頼んでおけばよかったー」

と嬉しそうな様子でした。

 

ちなみに施主様は今回のような工事ができる会社を

よく知らなくて、どこに頼めばいいのか分からず

困っていたそう。

そんな時に打合せで近所のお宅に駐車していた

マル川ハコバンを見て電話をしてみたとのこと。

なんともありがたいご縁をいただきました。

 

その話を聞いてからマル川軽トラ3台もピカピカに

洗いました!笑

綺麗な車に乗ると、気持ちも洗われます。

大地でした。