築60年のリノベーション

N様邸のリノベーションが完成しました。

築60年、部分的なリフォームはされていましたが、今回大規模に改修しました。

昭和30年代に建てられていますから、現在の構造とはだいぶ異なる工法で建てられています。

基礎は束建て、床組みは大床づくり(大きな丸太を曲がりどうりに使って床組みする)、小屋組みは登り梁工法と、

現在の建築基準法の軸組み工法とは、まるで違っています。

高齢の大工職人でないと構造を理解できないかもしれません。

風通しがよく、夏は涼しいですが、そのことが冬の寒さに対しては欠点でもあります。

また、生活様式の違いもあって、南側の日当たりのよい場所を二間続きにしてお客様をもてなす部屋にしていました。

このために、居間は北側の暗いところに配置しています。

お客様は、この暗い居間をどうにかしたいということが一番の希望でした。

居間を南面に持ってくることが解決策になる。

ただそれでは生活スタイルが変わり、お客様を迎えるところがなくなる等、理屈ではいいと理解できても、決断できない。

というところでなかなかプランが進みませんでしたが、弥栄社員の熱心な提案説明を受け入れてくれて、改修が始まりました。

結果、出来上がりにはとても満足していただきました。