来週の土日、完成見学会を開催します。

K様邸は、完成間際。

現在、外構工事が進んでおります。

二世帯が暮らすK様邸は、平屋で床面積はちょっと広め。

平屋ですが、LDKは、吹抜けとして、光を取り込みやすくしてあります。

LDKの正面には、フルオープンタイプのサッシ越しに広いウッドデッキを設けてあります。

LDKとウッドデッキが一体となり、とても広いリビングスペースとなっています。

玄関を入った所に手洗いボールを設置。コロナ対策もバッチリです。

リビングの壁は、エッグウォールを採用。

約94%が炭酸カルシウムで出来ている卵の殻は「卵殻」と言って、硬質で卵の内部を保護する役目をしていています。この卵殻から作られているのがエッグウォールです。

卵殻が持つ気孔のチカラで湿気を吸放湿し、また脱臭を促進します。

湿気が多い梅雨から夏にかけては吸湿し、過乾燥になりがちな冬は放湿することで、一年を通して調湿を行い、室内を一定の湿度に保ってくれます。

 

写真をクリックするとYouTubeに移動します。👇