方向性

この先、マル川建設が持続的に事業を継続する方向性は、ZEH、LCCMといった省エネ住宅、省CO2 ・再生可能エネルギーの創出のできる先進的な住宅、構造時にはCLTのような先進的な材料で作られた住宅を供給する・・・そのような形だろう。
住宅が事業用建物などに比べて、コンスタントな需要が見込め、建築物としては基本的な商品であろう。

現在、マル川建設の事業は住宅だけでなく、工場や店舗、さらに建築工事だけでなく土木工事、不動産業、そして受注形態も民間、公共と多岐になっているが、人的資源を生かすあるいは技術の集約や向上を考えれば、狭い分野に特化していった方が効率的だろう。

ただ、
今すぐにその方向に進む、という訳にはいかない。
将来の方向性は理想であり、現実には多岐にわたる受注をしていいかなくては、現状では会社の経営を維持できない。

何年か後にZEH、LCCM、 CLTを使った住宅の事業に特化できたとしても、その業態の中にも方向性が存在するだろう。

方向性は、あくまでも方向性であり、到達点ではない。

 

社員募集のお知らせ。
マル川建設では、建築技術者、同補助、経理業務、一般職、の募集をしています。
本ホームページ内の求人情報メールフォームでご応募ください。または、ハローワーク加世田にお問い合わせください。