メモすること、書くこと、記録に残すこと。

会社の仕事には創造性の高い仕事と、繰り返しの仕事の作業があります。お客様の要望を形にする仕事は、無から有の仕事であり難しく、仕事の努力と成果が一致するとは限りません。本当の頑張りと、サボりの見分けがつけにくいのです。

この見えにくい中身を見えるようにするのが、「メモすること、書くこと、記録に残すこと」です。すなわち「仕事の見える化」です。

これをやらないと言い訳が通り、やることがいい加減になります。

繰り返しの仕事の作業は、何をしているわかりやすい訳ですからそこまでの必要性はありません。

また指示も口頭だけだと、忘れます。「メモすること、書くこと、記録に残すこと」があれば、忘れません。

 

マル川建設では、これらのことを解決するために、スケジュール表や掲示板などの書き込みを初めて10日間が経過しました。

社員からは、日報書いて予定表書いて、さらに書くというのは、面倒だし仕事の時間を取られる。という意見もありました。

しかし、実際は社員全員よく使い込んでいます。

特に掲示板については、例えばお歳暮の配達先のお客様の声まで書き込んでくれてあると、そのお客様にお会いした時にいいお話ができます。

書き込む時間よりも仕事の効率が上がった分、実労働時間の短縮に貢献できます。

 

 

駒水社員がサツマイモを持ってきてくれました。ストーブで焼いたら熱くておいしい。(本文とは関係ありません)

 

社員募集のお知らせ。
マル川建設では、建築・土木技術者、同補助、経理業務、一般職、の募集をしています。
本ホームページ内の求人情報メールフォームでご応募ください。または、ハローワーク加世田にお問い合わせください。