バンクシーの絵

千葉県のトイレの絵は、バンクシーの絵か、誰かの落書きか。

絵は作品のすばらしさよりも誰が描いたかが問題らしい。

芸術作品は、即座に作品の良しあしを判断できないところがある。

自分たちの仕事の議論の場合、正しい選択肢を探すためには誰が言っているかではなく、どの意見が最適かが大事。

かねてからフラットな企業文化が根付いていないと、なかなかできないと思う。