産業廃棄物

お疲れ様です。

日本のプロ野球もいよいよ日本シリーズがはじまりました。

今年は両リーグとも昨年最下位だったオリックスとヤクルトがリーグ優勝し、日本シリーズでも互角の戦いをしていて、とても見応えがあります。

また、アメリカメジャーリーグは、シーズンは終わりましたが、大谷翔平選手の表彰ラッシュ!

本当に凄い事だと誇りに思います。

でも、国民栄誉賞はまだ早いかも?

話は変わりますが、日本の住宅には石膏ボードなるものが多く使われています。

石膏ボードは石膏と呼ばれる鉱物(硫酸石灰)からつくられ白もしくは無色で柔らかいのが特徴です。

石膏ボードは石膏を中心にして両面を石膏ボード用の紙で挟み、板状に成型したものです。

メリットは、ほかの建築資材と比較して価格が安く、

遮音性や防火性にすぐれ、板材を併用したり、防音性能の高い素材を使う事で、

遮音性がたかまりリビングやキッチン、オフィスの壁などによく使われています。

デメリットは石膏ボードは脆いため、一般的な釘やネジでは抜けたり、

崩れたりするため専用のアンカーや接着剤で固定しなければならないこと。

そして、石膏ボードは一般ゴミとして処分出来ないため、産業廃棄物に分類される。

自社で処分が出来ない為、マル川建設も専門の産業廃棄物処理業者に引き取り委託しております。

(ボードにクロスなど他の物が混在してると引き取ってもらえません。)

シートをかぶせて屑が飛散しない様にして運搬します。

使い勝手はいいが、処分が厄介

それぞれ一長一短ありますね。

以上・・・・・・・・良久でした。

 

 

 

 

前の記事

販売開始!

次の記事

キッチン!