塗り壁ってどうなの?

こんにちは茅野です

最近、台風16号が発生し、どうにか来ないでくれー

と思っています

台風被害をはじめ、工事が進まなくなってしまいますので

困っちゃいますね

今回は、内装壁の珪藻土塗り壁のお話を

内装壁には湿式工法と乾式工法というものがあり、

珪藻土の塗り壁は湿式工法の一つになります

湿式工法は、部屋の湿度を調整したりするので、昔から用いられてきました

その中でも珪藻土の塗り壁は、調湿力、消臭効果に加え

耐火性があり、万が一燃え移っても有毒物質を発生しにくい

というメリットがあります

 

こちらは、自社で施工した塗り壁の住宅の写真になります

また左官職人の手作業で行うため、意匠性があり、

時間が経つにつれ、自然素材ですので味わいが出てきます

 

当社では、お客さものご希望に合わせて、

ご提案、施工をさせていただきます

小さなことでもぜひマル川建設にご相談ください

ブログ担当者

茅野 亮平
茅野 亮平

前の記事

家屋解体

次の記事

フローリング