住宅の一つの顔

こんにちは茅野です

最近も新型コロナが猛威を振るい

鹿児島県も緊急事態宣言が発令され

せっかくの休日はステイホームでいることが多くなってきています

そんな中、外食した気分を味わうために、

家でモスバーガー風&モスチキン風で作って食べました

あまり外出できない中、家で楽しめることを模索中です

 

今回は、屋根の仕上げ材について

屋根の仕上げ材は、主に

「金属」、「瓦」、「スレート」、「アスファルトシングル」

などがありますが、

マル川建設では「金属」と「瓦」のみを使用しているので

そちらをご紹介いたします

 

金属屋根

金属屋根では、軽量で錆びにくい「ガルバリウム鋼板」という素材が使われます

軽量で建物の負荷が少なく、長期耐久性に優れています

また、素材が金属であるため、洗練された印象を演出しやすく

シンプルな素材なので周囲との自然景観とも調和しやすいです

カラーラインナップも豊富にあり、

好みに合わせた選択をしやすいです

ですが、金属ですので塩害の影響を受ける心配があり、

海風や潮風により錆びが生じることがあります

 

瓦屋根

瓦屋根は耐久性が他の屋根仕上げ材に比べ

メンテナンス次第で耐久性が最も長くなります

また、耐水性・防音性が高く、雨の多い日本の気候に適しているといえます

また、瓦と屋根下地との間に空間ができ、通気層の役割を果たすため

屋根面が内外の熱を伝達しにくい構造となり、

断熱性能を補助する効果があります

ですが、重量があり、地震時の水平力が大きくなりやすいです

このように、屋根仕上げ材でも選択肢があり、一長一短あります

マル川建設ではお客様のご要望にお応えするため、

いろいろなご提案をさせていただきます

ぜひマル川建設にお任せください

ブログ担当者

茅野 亮平

前の記事

気を付けて

次の記事

リサイクル