MENU

私たちの考え

家づくりコンセプト

私たちの家づくりに対する思い

私たちの創る家は「注文住宅」です

注文住宅です

家は住まう人のライフスタイルそのものです。
その人のこれまでの経験、価値観がこれから造る家に反映されなければなりません。
家の形、格好とかメディアから流れてくるイメージを買うのではなく、本当の「自分の家」、すなわち「住まう人のライフスタイルが表現された家」を造らなくてはなりません。

注文住宅は「形無き、これから造る家」を、住まう方に買って頂くことになります。
図面・カタログだけでは出来上がった家を表現するのは不可能です。造り手が住まう人の考え方、価値観をくみとり、そしてそれを形にする。
これが私たちの創る「注文住宅」です。

私たちの家は「人」が造ります

工場生産比率の高い住宅(例えば軽量鉄骨住宅など)は、部材の規格化、共通化、現場の標準化などが高度に進んでおり、品質のばらつきは低いものとなっております。

「注文住宅」は、間取りや仕様の打合せ段階では、営業担当や建築士、そして現場が着工すると現場監督、大工、左官、建材店をはじめ、数十業種の仕事人が造っていきます。

その仕事人達の一人一人の技量の総合力で、いい家かどうかが左右されます。

在来木造であれば、特に現場監督、大工の技量は重要です。
家を造る大工を育て、現場監督の技量を常に向上させることは私たちの使命です。

住まいは、そこの地域の風土そのものです

huudo

永い年月の中で、その風土の自然に対する備え、その土地の人たちとの繋がりの中でその土地に対する住まいのスタイルが出来上がっています。

ただ一方では、現代生活における様々な変化に対応した新しい住まいの形、性能も付加させていかなくてはなりません。

造り手がその地域をよく知り、絶えず技術的な向上を目指していく必要があります。

このことは、地域に根ざした工務店・造り手でしか出来得ないことです。

PAGE TOP